Loading...
祐希/Yuki

石川祐希/Yuki ISHIKAWA

日本
チーム日本
バレーボールバレーボール
出場1
初出場東京2020
誕生年1995

バイオグラフィー

石川祐希、現在の年齢

愛知県出身の石川祐希は小学校4年生の時にバレーボールを始め、高校時代に2年連続三冠を達成し、大学時代には日本代表に選出された。

ここではイタリア1部リーグ・セリエAで奮闘する石川の年齢、身長、体重から成績までプロフィールをまとめて紹介する。

石川は1995年12月11日生まれ。石川と同じ1995年生まれの日本代表選手には、中央大学でチームメートだった大竹壱青(パナソニックパンサーズ)、大宅真樹(サントリーサンバーズ)がいる。

石川祐希の身長と体重。妹は女子日本代表の石川真佑

身長は191cm、体重は84kg。ポジションはアウトサイドヒッター。スパイク最高到達点3メートル51センチのジャンプ力を誇る。

妹はバレーボール女子日本代表で東レアローズに所属する石川真佑。兄・祐希とは5歳離れている。

石川祐希の成績…愛知・星城高校で2年連続三冠を達成

石川は2011年に愛知・星城高校に入学すると、2012年と2013年にインターハイ、国体、春高バレーで優勝して史上初の2年連続三冠を達成する。

高校卒業後に中央大学へ進学すると、2014年、2015年、2016年の全日本インカレを制して3連覇を達成した。

日本代表での成績…東京2020で決勝トーナメント進出に貢献

大学1年生だった2014年、史上最年少で日本代表に選出されると、同年9月に韓国・仁川で開催された第17回アジア競技大会に出場し、結果は準優勝だった。

翌2015年にはイラン・テヘランで行われた第18回アジア男子選手権で優勝を飾る。同年のFIVBワールドカップでは6位となり、セカンドベストアウトサイドスパイカーに選ばれた。

2017年にはインドネシア・スラバヤで開催された第19回アジア男子選手権で優勝。石川はベストアウトサイドスパイカーとMVPに選ばれた。

2019年のFIVBワールドカップでは男子大会初の8勝を挙げ、ブラジル、ポーランド、アメリカ合衆国に次ぐ、28年ぶりの4位に導いた。石川はセカンドベストアウトサイドスパイカー賞に選ばれている。

オリンピックでの結果

Athlete Olympic Results Content

You May Like