Loading...
ステファニー

ステファニー・ギルモア

オーストラリア
チームオーストラリア
サーフィン
サーフィン
出場1
初出場東京2020
誕生年1988
ソーシャルメディア

バイオグラフィー

オーストラリア出身のステファニー・ギルモアは、その陽気でポジティブな性格からハッピー・ギルモアの愛称で親しまれており、2007年に鮮烈なデビューを飾って以来、サーフィンシーンを席巻している。

ニューサウスウェールズ州出身の彼女は、10歳のときに父親の勧めでゴールドコーストでサーフィンを始め、自然に波に乗るようになった。17歳の時には、すでにワイルドカードで大会に出場。2005年にはロキシー・プロ・ゴールドコーストで優勝した。

ワイルドカードイベントで2連勝したギルモアは、2007年のASPワールドツアーへの出場権を獲得し、その後は記録づくめ。

2007年には8大会中4大会で優勝してタイトルを獲得し、その後2009年、2010年、2012年、2014年と5年連続でタイトルを手中に収めた。2008年には再びタイトルを獲得し、現在は世界ランキング5位につけている。

2010年、ギルモアは当時最年少の22歳でサーファーの殿堂入りを果たす。

2017年にはロサンゼルスで生活を送った時期もあり、音楽を中心としたクリエイティブな活動を行った。充電を終えたギルモアは、万全の状態で帰国。2018シーズンの終わりに、記録的な7つ目の世界タイトルを獲得し、女性サーファーとしては最多記録を打ち立てた。

彼女は、波の上で常に存在感のある人物であるだけでなく、波を下りてもリーダーとしての役割を果たすことに専念している。彼女はWSLを率いて女性の同一賃金を実現し、WSLが国際的なスポーツ組織の中で最初に実現した組織の一つとなりました。33歳にしてこのスポーツのベテランであるギルモアは、WSLのイベントで“ライジング・タイズ”をはじめとする次世代の育成に関わりたいと考えている。

2019年、オーストラリアで最高位のサーファーであるギルモアは、サーフィンが待望のオリンピックデビューを果たす東京で、国をリードする。記録づくめの世界タイトルに続いて、オリンピックの金メダルを狙う。

オリンピックでの結果

Athlete Olympic Results Content

You May Like