スカイ・ブラウン

イギリス GBR

スケートボード

  • メダル
    1 B
  • 初出場
    東京2020
  • 生年
    2008年
オリンピック実績

経歴

スカイ・ブラウン

スカイ・ブラウンは、東京2020で最も注目を集めるアスリートの一人になる。その理由は、彼女の年齢にある。スケートボード界のセンセーションは、2021年の開会式のわずか2週間前に13歳になるのだ。出場すれば、イギリス史上最年少のオリンピック選手(1928年大会に13歳と43日で出場したマージョリー・ヒントンより早い)となり、東京大会の最年少選手の一人となる。

ブラウンには、東京との強い繋がりもあり、それも観客から注目される要因だ。彼女の母親の美恵子さんは日本人で、父親はイギリス人。彼女は、日本とカリフォルニアを行き来しながら生活し、日本代表として出場するよりもプレッシャーが少ないと考え、チームGBの一員として出場することを決めた。

ブラウンは、ナイジャ・ヒューストン(アメリカ)などのスーパースターと並んで、東京2020オリンピックのプログラムに追加された新競技を世間にアピールする、新世代のアスリートの一員となる。

国際オリンピック委員会(IOC)は、オリンピックで若者向けの競技を増やすことを推進しているが、ブラウンは、次世代のクロエ・キム、あるいはショーン・ホワイトのようになるのではないかと見られている。

ブラウンは先日、「スケートボードは遊び」と表現した。「トレーニングもしません。コーチもいません。ただ滑るだけです。新しい技を覚えるのは楽しいです。東京に向けてしっかりと習得していきたいです。今まで大会でやったことのない技もやってみたいです」

「緊張はしていません。最年少のオリンピック選手になることは、とてもクールなことだと思います。若過ぎるとか、できないと思われるかもしれませんが、体格や年齢は関係ないということを示したいと思います。私がオリンピックに出ることで、他の女の子たちに良い影響を与え、何でもできることを伝えたいです。東京に向けてワクワクしています」

では、メダル獲得の可能性はあるのだろうか? 2019年のパーク世界選手権では、日本の岡本碧優、四十住さくらに次ぐ銅メダルを獲得しており、最近の彼女の活躍を見ると、チャンスはあるだろう。メダル獲得にかかわらず、ブラウンはこの大会の顔の一人になる。

オリンピック実績

続きを見る
オリンピック実績
結果 種目 競技

東京2020

B
Women's Park
Women's Park Skateboarding