Loading...
陵介 / Ryosuke

入江陵介 / Ryosuke IRIE

日本
チーム日本
競泳競泳
オリンピックメダル
2s
1b
出場4
初出場北京2008
誕生年1990
ソーシャルメディア

バイオグラフィー

水泳・競泳の入江陵介は2008年に北京五輪200m背泳ぎで5位に入り、2012年ロンドン五輪では3個のメダルを獲得した。ここでは年齢、身長、体重から成績までプロフィールをまとめて紹介する。

入江陵介の年齢、身長、体重

水泳・競泳の入江陵介は2008年に北京五輪200m背泳ぎで5位に入り、2012年ロンドン五輪では3個のメダルを獲得した。ここでは年齢、身長、体重から成績までプロフィールをまとめて紹介する。

入江は1990年1月24日生まれ、大阪府出身。身長178cm、体重64kg。種目は背泳ぎ。イトマン東進に所属。

0歳からベビースイミングスクールで水泳を始める。中学3年生だった2005年3月、全国JOCジュニアオリンピック200m背泳ぎで中学新記録を樹立。同年8月、高校1年生の時に高校総体200m背泳ぎで優勝した。

2006年4月には日本選手権200m背泳ぎに出場し高校新記録で2位に入り注目を集める。同年12月、カタール・ドーハで行われたアジア大会200m背泳ぎで金メダルを獲得した。

2008年北京五輪に出場、200m背泳ぎで5位入賞

2007年は200m背泳ぎで3度、100m背泳ぎで2度、高校記録を塗り替えた。2008年1月、KONAMI OPEN 200m背泳ぎで1分56秒53の日本新記録を樹立する。同年春、近畿大学附属高校を卒業後、近畿大学に入学。同年8月、北京五輪に出場して、200m背泳ぎで5位入賞を果たした。

2009年5月、日豪対抗200m背泳ぎで世界記録より1秒以上速い1分52秒86というタイムを出す。しかし、水着が規定を満たさなかったとして記録は認められなかった。同年7月にセルビア・ベオグラードで行われたユニバーシアード50m背泳ぎで2位に入り、100m背泳ぎ、200m背泳ぎ、4×100mメドレーリレーではそれぞれ金メダルを獲得する。

さらに、同年7月にイタリア・ローマで行われた世界水泳選手権200m背泳ぎで1分52秒51という日本新記録を樹立し銀メダル。同年9月には日本学生選手権4×100mメドレーリレーで近畿大学の第一泳者を務め、100m背泳ぎで52秒24という日本新記録を打ち立てた。

2010年11月、中国・広州で行われたアジア大会に出場し、100m背泳ぎ、200m背泳ぎ、4×100mメドレーリレーでそれぞれ金メダルを獲得する。50m背泳ぎでは2位に入った。

入江陵介 / Ryosuke IRIE
リプレイ

オリンピックでの結果

Athlete Olympic Results Content

You May Like