ミカエラ・シフリン

アメリカ合衆国 USA

アルペンスキー

  • メダル
    2 G
    1 S
  • 出場
    2
  • 初出場
    ソチ2014
  • 生年
    1995年
オリンピック実績

経歴

ミカエラ・シフリン

ミカエラ・シフリンは現在、地球上のあらゆるスポーツにおいて、最も圧倒的なアスリートといっても過言ではないかもしれない。2018-19シーズン、シフリンはワールドカップの26レースに出場し、そのうち17勝を挙げた。これは、ミリ秒単位で勝敗が分かれ、天候や光などにも左右される競技、さらには40人以上のエリートレベルのライバルたちが競い合うレースにおいて、非常に驚異的な統計だと言える。

彼女はそのシーズン、ワールドカップの総合、回転、大回転、スーパーGの各種目でチャンピオンになった。また、2019年の世界選手権では、回転とスーパーGで金メダルを獲得している。

シフリンに関しては、数字はどんどん積み上がっていく。24歳だった2020年1月下旬、彼女はワールドカップで66回目の優勝を果たし、歴代3位に浮上した。現在頂点に立つ、86勝を誇るスウェーデンの伝説的レーサー、インゲマル・ステンマルクは、彼女がワールドカップで表彰台の頂上に100回以上立つ最初の、そしておそらく唯一のスキーヤーになると確信している。

「今、最も誇りに思っていることは、回転、(大回転)、スーパーG、ダウンヒルでの勝ち方がわかっていること。それが本当にできるようになるとは思っていなかった」と、シフリンはワールドカップ66勝目を挙げた後、NBCに語っている。

オリンピックでは現在までに金2個、銀1個と、アメリカのアルペンスキー選手で最も多くのメダルを獲得している。しかし彼女自身は、まだまだこれからだと感じているようだ。2014年のソチ大会で、シフリンは多くの人の予想どおり回転のタイトルを獲得したが、4年後の平昌大会では、強風や過密スケジュール、緊張感などで金メダルの夢は消えてしまった。

しかし2014年の大会では世界最大の舞台で戦うにはふさわしくないと感じていた種目で、金メダルを獲得した。「平昌のGS(大回転)で金メダルを獲れたことは、おそらく私のキャリアの中で最も好きな瞬間のひとつになる」とシフリンは語る。「これが象徴するのは、私が望んでいたものすべてだから」。

LOVE ALPINE SKIING? GET ALL THIS.

Get alpine skiing news, videos, Olympic Winter Games highlights and so much more.

オリンピック実績

続きを見る
オリンピック実績
結果 種目 競技

平昌2018

S
Women's Alpine Combined
Women's Alpine Combined Alpine Skiing
G
Women's Giant Slalom
Women's Giant Slalom Alpine Skiing
#4
Women's Slalom
Women's Slalom Alpine Skiing
オリンピック実績
結果 種目 競技

ソチ2014

#5
Giant Slalom
Giant Slalom Alpine Skiing
G
Slalom
Slalom Alpine Skiing

LOVE ALPINE SKIING? GET ALL THIS.

Get alpine skiing news, videos, Olympic Winter Games highlights and so much more.