アルベルト・ヒネス・ロペス

スペイン ESP

スポーツクライミング

  • 生年
    2002年

経歴

アルベルト・ヒネス・ロペス

アルベルト・ヒネス・ロペスは、弱冠18歳にして「世界で最もエキサイティングな新進ロッククライマーの一人」として、スポーツクライミング界に衝撃を巻き起こしている。

スペインで生まれた彼は、幼い頃から両親と一緒にクライミングを始め、やがてコーチの指導を受けて真剣に取り組むようになった。

13歳だった2016年、スポーツクライミングがオリンピック競技になることが発表されると、ロペスはトレーニングに専念すべくバルセロナに移住した。

『フォーブス』誌の「30 under 30 for Sports & Games(世界を変えるスポーツ&ゲーム界の30歳未満の30人)で「プレミア級の才能」と称された彼は、世界で最も難しいことで知られる9Aグレードの岩壁を15歳で制覇。それ以降も、彼の勢いは衰えることを知らない。

熱意と能力を武器にコンペティションに参戦し始めると、成功はすぐについてきた。2017年には、IFSCクライミング世界ユース選手権のリードで銀メダルを獲得。続くヨーロッパユース選手権では同種目で金メダルを獲得した(いずれもユースB)。

2019年にはシニアクライミングに転向。2019年のリードクライミング欧州選手権では銀メダルを獲得するなど、ロペスはオリンピックに向けて着々と力を養った。

同じ月に開催されたワールドカップでは同種目で2位になり、6種目のうち2種目で銅と銀のメダルを獲得して、東京オリンピック出場権獲得へ弾みをつけた。

そしてトゥールーズで行われた複合予選で2位となり、6つある東京2020への出場枠のうちの1つを手に入れた。

この若さにして、ロペスはすでに大きな可能性を示している。オリンピックでどのような展開になろうとも、クライミングは上昇気流に乗っている。そしてこの若者の前には、明るい未来が待っている。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト