Loading...
アダム

アダム・オンドラ

チェコ共和国
チームチェコ共和国
スポーツクライミングスポーツクライミング
出場1
初出場東京2020
誕生年1993
ソーシャルメディア

バイオグラフィー

チェコ共和国出身のアダム・オンドラは、2009年にリードクライミングで世界選手権に初優勝するなど、駆け出しの頃から出場した大会で好成績をおさめてきた。

6歳でクライミングを始めた彼は、13歳でトップレベルの難易度である9aルートを制覇(5.14d)。また、9b+と9cのルートを初めて登った人物でもある。

スポーツクライミング界にインパクトを与えた彼の存在が見過ごされることはなく、2013年、『Rock & Ice』誌は、当時20歳の彼を「神童」、「同世代のトップクライマー」と称賛。オンドラはそれ以降も次々と金メダルを獲得し、圧倒的な強さを見せつけている。

初メダル獲得後も世界選手権で成功を重ね、あらゆる色のメダルを手に入れた。2014年に2つ、2016年に1つ、そして最近では2019年に1つと、世界選手権で計4つのメダルを獲得。2014年にはリードとボルダリングの両種目で優勝し、同じ年に2種目でタイトルを獲得した唯一の男子選手となった。

もう一つの挑戦の場であるワールドカップでも、オンドラは2つの異なる種目を制覇した唯一の男性アスリートであり、2009年にはリードと複合、2010年にはボルダリングと複合、2015年にはふたたびリードと複合と、3度ダブル優勝を繰り返している。直近では、2019年のワールドカップでリードのタイトルを獲得した。

世界選手権で失格処分を受けた彼にとって、東京への道のりは多くの人が想像するほど容易いものではなかったが、トゥールーズで開催されたIFSC最終予選で運気は変わった。彼は、最も多くの栄光を手にしているスポーツクライマーの一人として、オリンピックメダル獲得に挑む。

オリンピックでのスポーツクライミングはリード、ボルダリング、スピードの3種目を組み合わせた複合で行われるため、それぞれの種目で頂点に立った経歴を持つことは、金メダル獲得を目指す上で好材料だ。しかしどれほど成功を手にしたとしても、オンドラが「登るために生きている」ことに変わりはない。そして、クライミングをしている時こそが、彼が「生きている」と実感する瞬間なのだ。

オリンピックでの結果

Athlete Olympic Results Content

You May Like